このページのトピック

家具

はじめに

ガラス製家具は設計者の夢であると考えられます。 実質的に内部を視認できない構造物に従来の家具の機能性すべてを装備する設計において、ガラスは家具に使用し、または家具として使用する最新材料として、その利用需要が急激に高まっています。 光と数種類の色のガラスが醸し出す洗練された美観の組み合わせ(透明、半透明、不透明)によって、さまざまな効果、デザインを創出し、また、異なるガラスの組み合わせにより質感を持たせることが可能です。 合わせガラスは最終加工の前に切断と成形が可能であるため、異なる形態および形状のガラスを利用できます。
 
衝撃による破損起因の重傷事故に対する防護を効果的に行うために、ガラス家具は常に安全ガラスを使用して構成する必要があります。 安全合わせガラスは破損時のガラス片の飛散防止効果を有しており、家具用途での使用が推奨されます。
 
想像には限界があります。今すぐ試してみてください。

適した製品

合わせガラスを利用する家具に一般的に使用されるイーストマン製品:

  • 通常のPVB中間膜であるSaflex Clear(スタンダード中間膜)は下記の目的に利用することが可能です。

    • 安全性:人的破壊や偶発的な衝撃によってガラスが破損した場合に、ガラスの破片が中間膜に接着されるので、切断や突き刺しによる傷害が低減されます。適切な方法で合わせガラスを枠設備に取り付けると、落下に対する保護も行われます。

  • Vanceva® (カラー中間膜): アーストーンコレクションおよびVancevaカラー中間膜は、ファサードや手摺り、またはインテリアガラスとして使用する色を広範囲の色調の中から選択することが可能です。 ガラスそのものの色調コントロール(厚みなど)、または(小ロットや、まとめ生産における)カラーガラスの生産リードタイム、カスタム設計カラーガラスの大量ロット購入などを解決するソリューションを提供致します。カラー中間膜を活用することにより、お好みの色味の合わせガラスニーズにおける小回りを利かせた対応が可能となります。
     

Related Products: 
Newsletter Icon
I want to subscribe to the Saflex® newsletter to get all the latest info about Saflex® innovations, project references, events and expert laminated glass advice. For more details, please review our privacy policy.