このページのトピック

大使館/行政機関建物

はじめに

"大使館や裁判所などの官庁または行政機関建物は、特にガラスに対する安全防護の配慮が求められます。 通常、これらの建物は一般市民に対して開放されていますが、攻撃を受ける高いリスクに直面する可能性もゼロではありません。

このようなタイプの建物の最新設計は開放感を反映することに重点を置いており、いかなる攻撃にも耐えうる要塞のような外観を導入していませんが、安全防護に対する懸念は非常に現実的です。 ファサードや手摺りの設計ニーズを満たすだけでなく、爆風や物理的および弾道攻撃に対する防御を行うためにも、ガラスが広範囲に利用されています。 これらの建物の内部に安全ガラスを全面的に使用することにより、可視化できないエリアを最小限にとどめ、警備員や電子式監視装置によって高度に監視することが可能となります。 これらの建物は安全性、構造、エネルギー、健全性に関する厳しい要件を満たす必要性もあり、高機能中間膜を使用した合わせガラスの活用はこれらの施設に非常に適しています。"

適した製品

イーストマンは、リスクの高い施設用ガラスの設計に利用されている数多くの中間膜製品を販売する豊富な経験を備えています。

  • 通常のPVB中間膜であるSaflex Clear(スタンダード中間膜)は下記の目的に利用することが可能です。

    • 安全性 人的破壊や偶発的な衝撃によってガラスが破損した場合に、ガラスの破片が中間膜に接着されるので、切断や突き刺しによる傷害が低減されます。適切な方法で合わせガラスを枠設備に取り付けると、落下に対する保護も行われます。

    • 暴風:十分な厚みの中間膜を備えた合わせガラスは、熱帯性低気圧やハリケーンなどの暴風発生時に風で運ばれた飛来物がファサードや手摺りを貫通し、その後に破壊的な風圧に襲われるような事態を防止可能な能力を備えています。ガラスの破損後にその破片を閉じ込める中間膜の能力は、地震活動の発生時にもガラスを確実に保持する目的に役立っていることが立証されています。

    • セキュリティ 破壊行為や住居侵入窃盗、防爆および弾道攻撃などの人為的攻撃に対して十分なレベルの保護を行うシステムに合わせガラス構成を組み入れることが可能です。
       

  • Saflex Acoustic PVB中間膜(遮音中間膜): 従来のPVB中間膜と比較して、1,000~4,000ヘルツにおける遮音機能を保証するために性能を向上するように設計された3層構造の中間膜です。この改善された性能により、従来の標準的な手法よりも小さい空隙および/または薄いガラスを使用して合わせガラスを設計し、同じ騒音低減定格を達成することが可能です。
     

  • Saflex Solar中間膜(遮熱中間膜):温度上昇やジリジリ間の原因となる近赤外線を吸収することにより遮熱を実現するSaflexSolar中間膜は、透明ガラスやコーティングを施さない従来型の合わせガラスと比較して日射取得率を低減することにより、改善された日射光線コントロールを実現します。 SaflexSolarは低放射率の硬質コーティングが施された単一ユニット合わせガラス、もしくはLow-Eコーティング機能の有無にかかわらず、複層ガラス(IGU)への組み込み、併用も可能です。
     

  • Vanceva® (カラー中間膜): アーストーンコレクションおよびVancevaカラー中間膜は、ファサードや手摺り、またはインテリアガラスとして使用する色を広範囲の色調の中から選択することが可能です。 ガラスそのものの色調コントロール(厚みなど)、または(小ロットや、まとめ生産における)カラーガラスの生産リードタイム、カスタム設計カラーガラスの大量ロット購入などを解決するソリューションを提供致します。カラー中間膜を活用することにより、お好みの色味の合わせガラスニーズにおける小回りを利かせた対応が可能となります。
     

Related Products: 
Newsletter Icon
I want to subscribe to the Saflex® newsletter to get all the latest info about Saflex® innovations, project references, events and expert laminated glass advice. For more details, please review our privacy policy.