saflex-uv-pvb-interlayer

現在地

Saflex® UV

400nmまでの有害な紫外線を最大99%まで遮断*

建築デザインにおいて、自然光は、その力強さにより、視覚的に魅力があります。私たちを外の世界と繋ぐことができるため、感情に訴えかける魅力があります。そして、現在、多くの持続可能なデザインに効果的な採光が求められるため、実用的です。一方で、自然光は有害な紫外線もまたもたらします。
Saflex® UV PVB中間膜を使用すると、紫外線放射によって、カーテン、カーペット、家具、堅木の床、壁紙、写真、額に入った書、アート作品、その他室内に飾りたいものなどの退色が促進されること (お客様の肌への影響も含む) を心配せずに、太陽光を取り込めるよう設計することができます**。
  
従来のSaflex PVB中間膜の場合、380nmまでの紫外線を最大99%まで遮断します。また一方で、Saflex UVでは400nmまでの紫外線を最大99%まで遮断することができます。この水準のUV保護は、博物館、店の正面、図書館、または液晶など感性層を持つスイッチャブル/スマートガラスなどに理想的で、多くの用途に役立ちます。

Saflex UVは、適切に選択され、合わせ加工を施され、設置された場合は、合わせ安全ガラスの多くの規定を満たす、または規定以上の性能を提供することができます。さらに、Saflex UVは、自然風化にさらされた場合に非常に優れた耐性を提供できるよう特に考案されています。自然暴露試験および促進暴露試験では、耐変色性、耐久性、および熱および湿度にさらされた場合の層間剥離に対する耐性を示しています。
また、Saflex UV中間膜は、適切な構成で使用された場合、安全ガラスのすべての利点、ガラス破片の封じ込め性、構造的完全性、防音性、防犯性および防風性を提供します。

*  ISO 13837-Aに従って測定。
** 紫外線 (UV) 放射および可視光線にさらされた場合、退色および劣化が生じる可能性があります。

saflexuvchart.jpg

用途:

  • 博物館、文書館、ギャラリー

  • レストラン、ホテル、リゾート地

  • ​病院

  • 保育所

  • 図書館

  • スイッチャブル/スマートガラス

 

カタログ