現在地
Saflex® Storm PVB中間膜(遮音中間膜)

Saflex Storm中間膜(ストーム中間膜): 暴風やサイクロンに対する耐性を備えた合わせガラス用中間膜

Saflex® Storm中間膜(ストーム中間膜)は、暴風対策および風によって飛散する破片対策を必要とする市場向けに、厳しい要件を満たすように特別に設計および構成されています。 これらの製品は強固かつ弾力性のあるPVB中間膜であり、剛性、強度、ガラス接着性、風で運ばれる破片や飛来物に対する防護性能を備えています。 Saflex Storm中間膜(ストーム中間膜)を用いた合わせガラスは、ガラス破損後の状況でガラス破片を保持(飛散防止)するように設計されます。

強力なサイクロンや暴風から完全に防護する性能を備えた単一製品は存在しませんが、暴風の期間中および破損または損傷したガラスを交換するまでの間、建物外面を維持し、損傷を受けないように構造物を保持する事を目的とし、上記の製品を使用することが可能です。 Saflex Storm中間膜(ストーム中間膜)は、通常施設や必須施設の衝撃耐性ガラス設計に利用できます。 これらの製品の利用により、一般的に飛散樹木の衝突によって生じる大きい衝撃からの防護、および高い場所で風荷重の大きい条件下での小さい飛散物の衝突による衝撃からの防護を達成できます。

窓設備、飛来物および圧力に関する要件は、建物の種類と場所、暴風のカテゴリー、世界の各地域で期待される性能基準に応じて異なります。 そのため、各市場向けとして下記の3つの製品オプションを用意しています。

  • Saflex® Clear, 適切な厚みを用いることにより、良好にバランスのとれた合わせガラスを構成することができる、スタンダードなポリビニルブチラール (PVB) 中間膜です。 風で運ばれる飛来物による衝撃に耐えうる性能を持ち、従来より設計せれる大部分のシステムに適合すると同時に、住居侵入対策や遮音効果、紫外線遮断の面でもさらに高性能を発揮します。

  • Saflex High Protection (HP), 厚みが2.54 mmの2層のSaflex DM中間膜で構成されており、従来のPVB中間膜と比較してサイズと圧力に関して改良された性能を備えていると同時に、大規模および小規模両方の飛来物対策用途最適です。通常のスタンダード中間膜同様、ガラス破片保持能力、遮音効果、紫外線遮断の利点を提供します。 加えて、優れた小口露出耐性及びシーラント適合性が立証された非常に接着性の高い中間膜です。

  • Saflex StormPVB中間膜とフィルムで構成された複合中間膜です。製品コードVSO2のこの中間膜は、断裂耐性を備えるとともに、SaflexHPと比較してサイズと圧力の面でより高い性能を発揮します。 SaflexStorm複合中間膜は大規模および小規模両方の飛来物対策用途で高性能を発揮するとともに、住居侵入対策や遮音効果、紫外線遮断のメリットを提供します。 SaflexStorm複合中間膜は優れた小口露出耐性及びシーラント適合性が立証された非常に接着性の高い中間膜でもあります。

3つの製品オプションはいずれも、Vanceva®カラーシステムおよびアーストーン中間膜システムと互換性があるため、建築家やデザイナーのお客様はスタイルまたは快適さを損なうことなく、安全な空間を作り出すことができます。

saflex_storm_comparison.jpg

用途:

カーテンウォール、店頭展示、傾斜および天井窓、クリップ/固定点システム

カタログ
技術説明書
マルチメディア
Embedded thumbnail for Saflex® Storm
関連プロジェクト
暴風耐性性能

風で運ばれる飛来物に関する知識を深めてください。

もっと見る