現在地

Saflex® K Serie

安全第一。

自動車業界における乗員の安全に関して言えば、合わせガラスは大変革をもたらすものになる可能性があります。飛び石、衝突、横転のいずれに対しても、イノベーションは常に進んでいます。

Saflex® Kシリーズ - ハイセキュリティ中間膜は、従来の中間膜より強度が高く、引裂や貫通に対してより高い耐性を持つ、優れた複合PVB中間膜です。Saflexのハイセキュリティ中間膜は、破損した場合は柔軟性が低下するよう加工されており、横転や事故でサイドウィンドウ側に座っている乗員が車外に放出されるリスクを軽減します。

NHTSAの規制への適合を支援。

Saflexのハイセキュリティ中間膜を採用した合わせガラスは、多人数乗りの車両やバスのための総合的な乗員保護システムの重要な設計の一部とすることができます。Saflex Kシリーズは、特にエアバッグの取付具の課題に直面している固定ガラスの配置や適用において、自動車メーカーが米国運輸省道路交通安全局 (NHTSA) の乗員車外放出低減の規制 (FMVSS 226) へ準拠するためのサポートとなります。t.

さらなる利点。

Saflex Kシリーズのハイセキュリティ中間膜は、遮音性や遮熱性などその他の機能も提供できます。車内のノイズレベルは、外部ノイズに対する遮断効果により、最大3dBまで削減可能です。車内および運転手・同乗者は、有害な紫外線をブロックする機能により、日光によるダメージから保護されます。革・シートなどの損傷リスクの軽減に加えて、SaflexはSPF50の日焼け止めよりも大きなSPF値を持っていることが示されています。
 

k-series.png

用途:

フロントガラス、サイドウィンドウ、サンルーフ、リアガラス、クオーターガラス

製品の利点:

  • 安全性の向上 偶発的なガラスの破損および車外への放出の可能性から運転手・同乗者を保護
  • セキュリティの強化 不正な侵入に対する対策を提供
  • 音響快適性の向上 外部ノイズを最大5dBまで削減
  • 軽量化 より薄く、より軽いガラスを実装
  • 紫外線カット 紫外線の96%以上をカット。運転手・同乗者を紫外線から守り、内装部材の退色も低減
Saflex® Kシリーズカタログ
Related projects