現在地

Saflex® Acoustic PVB中間膜(遮音中間膜)

合わせガラス用の革新的な遮音中間膜

現代の建物設計はガラスが多く使用される傾向にあります。しかし、通常のガラスでは音響透過率が高くなることがあります(ガラスから騒音が流入)。騒音に関する問題を解消する手段はガラスの使用量を抑えることではありません。Saflex® Acoustic PVB中間膜(遮音中間膜)を組み込んだ革新的な安全合わせガラスを使用することです。この特許取得の3層構造の中間膜は、安全性はもとより、人間が最も敏感な波長(1000–4000ヘルツ)において、効果的な遮音性能を提供します。

音響透過損失

 

sound_transmission_loss_capture_white.jpg

* Saflex® Acoustic中間膜とSaflex® Clear中間膜を用いた合わせガラスの音響透過損失(ガラス構成 = 44.2:4mmガラス+0.76mm中間膜+4mmガラス)
人間の耳で知覚できる騒音を低減する能力を測定可能です。この測定では、ある素材(この場合はSaflex®Acoustic中間膜(遮音中間膜)を用いた合わせガラス)に特定周波数の音を透過させ、どれだけの音がガラスを「透過」したかを測定することで、音の「フィルタリング」値を特定します。 透過損失の記録値は上記のようにグラフ形式で図示できます。

Saflex Acoustic PVB中間膜(遮音中間膜)を利用する結果として、波長域において知覚される音域の騒音を最大50%低減(非合わせガラスと比較して透過音を最大10デシベルまで低減)でき、洗練された、また、快適な空間を建築家や技術者は設計することが可能です。

Saflex Acoustic PVB中間膜(遮音中間膜)はVanceva® およびアーストーンカラー中間膜との互換性も備えているため、建築士や設計者はデザインまたは快適性を犠牲にすることなく安全空間を創出することが可能です。

用途:

"空港、ホテル、会社オフィス、政府機関建物、ホテル、レストラン、役員室、会議室、医療センター、診療所、学校の教室、講堂、録音スタジオ、放送施設、コンサートホール、劇場、公会堂、博物館

Saflex Acoustic製品セレクター

acoustic_product_selector.jpg

Saflex Acoustic製品性能

acoustic_product_performance_2.jpg
カタログ
技術説明書
マルチメディア
Embedded thumbnail for Saflex® Acoustic
Push blocks top: 
SoundPro

最適なガラス構造を決定してください。 & お客様の性能目標を満たします。

SOUND PROカルキュレータをスタートする
遮音性能

音響減衰および種々のガラス厚に関する知識を深めてください。

もっと見る
関連プロジェクト